咲きも残らず散りもはじめず

タイトルは満開に咲く花を歌った古歌より

2017-07-17から1日間の記事一覧

さようならの魔法使い 1

あるところで女の子が生まれました。 女の子のお父様は王様で、お母さまはお妃様だったので女の子はお姫様でした。 女の子は色がぬけるように白く、きれいな瞳をした可愛い子でした。 王様もお妃様も長い間待っていた初めての子供だけに、大層喜びました、女…

さようならの魔法使い 2

女の子は、びっくりしました。 けれども、まだ目がはっきり覚めてないからか、あまり怖くありませんでした。それにその男の人のことをどこかで見たことがあるような気がしましたから。 「こんばんは」 「こんばんは」 女の子は、男の人に上手にごあいさつが…

さようならの魔法使い 3

次の朝、女の子が目をさますと、窓は全て閉じられていました。頑丈な鉄格子さえあります。 昨夜のことは、全部、夢だったのかなと思いました。 それで、女の子は魔法使いのことを王様にもお妃様にもないしょにすること にしました。 けれども、その夜も、魔…