咲きも残らず散りもはじめず

タイトルは満開に咲く花を歌った古歌より

夢の街の話 2

「みなさん」                                              飼育係さんがそういったとき、マイクがキイ~ンといいました。                       「私はバクのことを調べに行ってまいりました。とても長く辛い旅でした」                    ここで飼育係さんは大きなため息をひとつつきました。                       「私はこの眼でバクを見てきました」                                    広場に集まったみんなは、シーンと静まりかえりました。                          「結論をいいます」                                            飼育係さんは、静まりかえって飼育係さんの言葉を待つみんなに報告します。                    「バクは怪物などではなく、おとなしい普通の動物でした」                        みんなのなかからざわめきがおこり、広場がざわざわとしているなかで、飼育係さんは声を張ります。                                           「しかし、バクは夢を食べます」                                       ざわめきは驚きから恐怖にかわりはじめていました。飼育係さんが声を張りました。 「バクが食べるのは、怖い夢や悲しい夢だけなのです」                   「どういうことだ!!」                                        みんなのなかから説明を求める声が上がります。                             「バクは夢を食べます。バクは夢を選んで食べるのです」                       「選ぶ?」                                      「ええ、バクは、怖い夢や悲しい夢だけを選んで食べるのです」                      「なんだと」                                      「だから、バクがこの街に来たら、みんなは楽しい夢や嬉しい夢ばかりをみるようになるのです」                                          

 飼育係さんはとても早口で一息にいいました。

 すると、みんなの中から拍手が起こりました。みんなはにこにこしておりました。市長さんも園長さんも笑っていました。

 こうして街はまた、もうすぐやってくるバクの話でもちきりになりました。

 そして、とうとうバクがやってきました。

 動物園の一番真ん中の日当たりのオリがバクのお家でした。

 街はお祭りで朝からパレードがありました。バクをひとめ見ようと、街中の人たちが動物園に集まりました。ゾウやシマウマもバクのオリをみつめておりました。

 やがて、おめかしした飼育係さんが現れて、オリにかかったきれいな幕を落すと、中には小さなバクが、ひとりいました。                            

 みんなはほーっとため息をつきながら、バクをみつめました。たくさんの人や動物たちにみつめられて、バクははにかんだのか、うつむいてしまいました。                 飼育係さんはとてもあわてました。そしてみんなにいいました。                       「あまりみつめないでください」                            飼育係さんは、少し考えていいました。                               「バクは夢を食べるくらいだから、とてもデリケートなのです」

 みんなはそれをきいてなるほどと思いました。それで、バクをチラチラと見ては、帰って行きました。

 その夜、バクは初めての場所でなかなか眠れませんでした。