咲きも残らず散りもはじめず

タイトルは満開に咲く花を歌った古歌より

夢の街の話 3

その翌朝、一人の人が目が覚めた時にヘンな気がしました。いつもと同じような朝でしたが、ちょっとだけ違う感じがしました。そんな「ヘンな感じをする」という人が何人もでてきました。                                      「なんか、ヘンなんですよ」                                   「そう、なにか、ヘンなんです」                                  「どういえばいいのか」                                 「視線を感じる、というのか」                                「そう、誰かに見られているような」                                   「ええ、わたしも」                                       「眠っている時に」

 みんなは、いろいろと考えるうちに、バクのことに思いあたりました。 

「バクが見ている、のかも」                                     「怖い夢をみないように」                                  「そう、怖い夢を食べちゃおうとして」                                  みんなは夜になると落ち着かなくなりました。怖い夢をバクが食べてくれるのは良いのですが、バクが食べる怖い夢が、どんな夢なのだかを知りたくなってきました。そうしているうちに、こんなことをいう人が出てきました。                           「私は、とても悲しい夢をみました」                              みんなはびっくりしてしまいました。バクは悲しい夢も食べてしまうはずです。                      「亡くなった娘の夢です。でも久しぶりに娘と会えました」                       悲しい夢を見たという人は、微笑みました。

 みんなはバクのことがわからなくなりました。                       

 バクは本当に怖い夢や悲しい夢を食べるのか。

 そして、夢のこともわからなくなりました。

 何が怖い夢で、何が悲しい夢なのか、わからなくなりました。

 みんなはいろいろと考えましたが、みんなで話し合ったりはしないようにしました。

 あまり思い詰めて夢にでもみたら大変ですから。みんなはバクに心の中をのぞかれているような気がしました。みんなはあまりバクのことを考えないようにしました。

 小さなバクはひとりぽっちでくらしていました。飼育係さんも動物たちも、バクに心をのぞかれないように、バクとは目を併せないようにしていました。

 それでも飼育係さんは、やっぱりバクのことを放っておけませんでした。飼育係さんがバクを連れてくるためにいろいろと頑張ったので、バクのことを好きになっておりました。それで飼育係さんは、さらに詳しくバクのことを調べました。そして、ついに大変なことを見つけてしまいました。

「園長さん、大変です」

 飼育係さんは園長室に駆け込みました。園長さんは夢をみないようにと、夜によく眠っていないので、居眠りをしていました。

「どうしたんだね、きみ、大声で」

 園長さんは、居眠りしていたことをごまかしていいました。

「バクが食べるのは、夜に見る夢ではないかもしれません」

「なんだと」