咲きも残らず散りもはじめず

タイトルは満開に咲く花を歌った古歌より

さようならの魔法使い 1

あるところで女の子が生まれました。

女の子のお父様は王様で、お母さまはお妃様だったので女の子はお姫様でした。

女の子は色がぬけるように白く、きれいな瞳をした可愛い子でした。

王様もお妃様も長い間待っていた初めての子供だけに、大層喜びました、女の子は、王様とお妃様に、それは大切にされてすくすくと育ちました。内気でおとなしい子だったので、王様もお妃様も女の子をお人形のように可愛がりました。

  お城の中の一番奥の部屋が女の子の部屋でした。その部屋かりは、お月様が一番きれいに見えましたし、お城の回りの森も、海のように見えるのでした。

 女の子は、やがて絵本が見れるようになりました。王様は、世界中からありとあらゆる絵本を女の子のために集めました。

沢山の本の中に、海を描いた絵本がありました。まるで宝石箱のように海が広がっていました。お城で生まれ育った女の子は海を見たことがありません。だから女の子はその絵本に夢中になりました。

ある日、お妃様におはようございますのごあいさつをした後、女の子はお妃様の手を握ってお願いをはじめました。

「お母さま、私、海が見たいの」

お妃様はやさしくたずねます。

「ご本で見たの?」

女の子はお妃様に、海が広くて大きくて美しいことを説明します。お妃様はおどろいたり笑ったりしながら、女の子が小さな手をいっぱいに広げて話す海のお話をきいてくれました。

「ね。だからね、私は海がみたいの」 

お妃様はそういう女の子の頭をやさしく撫でて、女の子を抱きしめながらいいました。 「いつか、いつかあなたがもっとずっと大きくなったら、王子様があなたをおむかえに来るの」

お妃様は抱きしめた女の子を放して、女の子の顔をみていいました。

「お母さまもそうだったの。だからね」

また、お妃様は女の子を抱きしめます。

「それまでは、ここに、このお城にいてくださいな」

お妃様はそう言って、女の子を抱きしめました。 女の子とてもがっかりしてしまいました。早く王子様が来ればいいのに、と思いました。そうすれば海が見れるのです。

その夜、お妃様とおやすみなさいのごあいさつをしても、女の子は眠らずにいました。新しい絵本を王様からいただいたのです。その本には、お姫様のために勇敢に戦う王子様のことが描かれていました。

お城をつつむ森がいつもよりも明るく見える、月のきれいな夜でした。女の子は絵本を見ながら、いつのまにか眠ってしまっていました。 微かな風に女の子がふと目をさますと、ベッドのそばに、黒いマントを着た男の人が立っていました。