咲きも残らず散りもはじめず

タイトルは満開に咲く花を歌った古歌より

アクション17. 陸続

f:id:syukugami:20171012212354j:plain


応援団員Uさんに続き、応援団員Sさんが登場

応援団員は、陸続と登場する

 

神よ、与えたまえ
  変えられないもの それを受け入れる冷静さを、
  変えるべきもの それを変える勇気を、
  そして、変えられないもの、変えるべきもの
  いずれであるかを見極める智恵を与えたまえ

 

ニーバの祈りを伝えてくださった応援団員Sさん

「職業病だ」

と苦笑しつつ、以下の感想を送ってくださった

 

この本は一回目は「癌の患者さんとご家族」の本として、

二回目、三回目は「心の扉を開く」本として読み、

社員教育(特に若年層教育)のあり方も同じと感じました。

 

今の若者達は、簡単に

「無理です」

とか、

「やったことがありませんからできません」

等と言います

 

清水先生の接し方が有効かと思いました。

 

「そうか..無理なんですね...どうして無理だと思うんでしょうね?」

「誰だってこれまでやったことのないことにチャレンジするのは不安もあるし、

 怖いし、無理だと思うよね...そうだよね..」

 

みたいに。

 

ね、「がんの本」ではないでしょ?

 

「人生でほんとうに大切なこと がん専門の精神科医・清水研と患者たちの対話」