咲きも残らず散りもはじめず

タイトルは満開に咲く花を歌った古歌より

アクション21. 窓辺

f:id:syukugami:20171129194636j:plain

f:id:syukugami:20171129194359j:plain

 

国立がん研究センター中央病院の建物を象徴する正面玄関わきの吹き抜け

光に溢れるこの場所は、入院・通院する患者たちの憩いの場である

 

入院していた二か月、私は、ここで空を見上げていた

 

ここから見上げる空は、

時には雨空であったり、曇り空であったりもした

夜空であったり、夜明けであったりもした

光が見えない日々もあった

それでも、ひとり、ここで空を見上げていた

 

そして、この場所で著者の稲垣麻由美先生と、主人公の清水研先生が初めて出逢った

 

この場所に、12月10日のチラシが配置されている

  

本家本元で宣伝している感じです

  

「人生でほんとうに大切なこと がん専門の精神科医・清水研と患者たちの対話」