咲きも残らず散りもはじめず

タイトルは満開に咲く花を歌った古歌より

リロード13. 約束

2015年の9月に入院。2ヶ月間放射線抗がん剤の同時治療

5年生存率5%を20%に向上させるために治療を受けた

 

その時、熊本の友人たちが祈ってくれた

「2018年2月に京都で会おう!」と応援してくれた

熊本高校の昭和52年卒業生による「還暦修学旅行」は、

同級生の誰かが冗談でいいだしたことが実現されてしまった≪夢≫だ

勇気づけてくれる友人たちに感謝した

けれども、病院から見える築地市場の夜明けの姿を見ながら

京都へは行けないだろうと思っていた

 

果たされることのない≪約束≫のことを、何と呼ぶのだろうか

報われることのない彼らの祈りに、どう応えればよいのだろうか

そんなことを考えていた 

考えては泣いていた

 

その後、清水研先生と出逢った 

そして、稲垣麻由美さんが「人生でほんとうに大切なこと」を書籍にしてくれた

 

今週末、≪約束≫を果たしに京都へ行く

いや、≪約束≫を果たしに行くのではない

 

あの友人たちに逢いたい

あの時の祈りへの感謝を伝えたい

私が≪幸せ≫であることを伝えたい

 

そうだ、京都、行こう。

f:id:syukugami:20180207190202j:plain