咲きも残らず散りもはじめず

タイトルは満開に咲く花を歌った古歌より

リバース4.選出

インフルエンザA型に罹患していまいました。

肺炎になることを心配して会社も休みました。

ブログも休んでしまいました。

 

休んでいる間に、「やりたいこと」を考えました。

「やりたいことを10個、いや100個上げてみる」

というのは、コーチングなどでも使われる手法です。

私は久しくやっていませんでした。

 

「やらなきゃ」

と思うことではなく、

「やりたい」

と思うことだけを書き連ねてみました。

「やらなきゃ」と思うことは「やりたくない」から「やらなきゃ」と思うことになりそうだから、「やりたい」ことだけです。

 

その中で「読み返したい本」が何冊かでてきました。

アルジャーノンに花束を」著:ダニエル・キイス

は、そんな本の何番目かに上がってきました。

 

そしてチャーリーの独白の形で書かれているこの物語を思い出した時に

「自分と清水先生との物語を同じように書きたい」

と思い立ちました。

 

「人生でほんとうに大切なこと」は稲垣麻由美さんが書籍という形にしてくれました。

私がやりたいことは「書くこと」であって「書き上げること」ではありません。

 

清水先生とこの話をした時に「アリとキリギリス」の話になりました。

 

とにかく「やりたいこと」が沢山あることを、とても幸せなことに思いました。

 

アルジャーノンに花束を」まず、読み返してみることから始めます

f:id:syukugami:20190202180653j:plain