咲きも残らず散りもはじめず

タイトルは満開に咲く花を歌った古歌より

リバース 5. 再会

恩田陸さんとは「夜のピクニック」で偶然に出会ったのだ。

そう思い込んでいました。

それは偶然の運命的な出会いでした。

 

「今は今なんだ。今を未来のためだけに使うべきじゃない」

「お前にはノイズにしか聞こえないだろうけど、このノイズが聞こえるのは今だけだから。後でテープを巻き戻して聞こうとしても聞こえない」

 

それらの言葉との出会いで私は変わりました。

 

ところが、本当は私はかつてNHKの少年向けドラマ「六番目の小夜子」で出会っていました。もっと正確には、ドラマの宣伝が私の頭の中に忍び込んでいたのでした。

 

そんなことがあるのですね。

 

ドラマを探さずに原作となった「六番目の小夜子」を取り寄せました。

長い間抱えていた「謎」が解けたような気分です。

 

この作品が文庫として世に出たもののすぐに絶版となったことから、

「伝説のデビュー作」といわれていることも知りました。

「人生でほんとうに大切なこと がん専門の精神科医・清水研と患者たちの対話」

も絶版になっても大丈夫かもしれない。

そんなことを思いました。

 

そう。私は今、とても機嫌が良いです。

 

f:id:syukugami:20190203165513j:plain