咲きも残らず散りもはじめず

タイトルは満開に咲く花を歌った古歌より

アクション20. 伝播

f:id:syukugami:20171118221218j:plain
f:id:syukugami:20171118221303j:plain

 

 

毎日、200冊の新刊書籍が出版されているという

その中の無名の著者の1冊にすぎない、「人生でほんとうに大切なこと」

週刊「新潮」が取り上げてくれた

その陰には、応援団長が連れてきてくれた参謀長が人脈を駆使してくれた事実がある

 勿論、ツテやコネが無ければ、勿論、取り上げてもらうことはできないだろう

さらには、掲載する価値がなければなおさらだ

 

それでも、「精神腫瘍科」の存在を広く知って欲しいというメッセージが理解された

 

そう思いたい

 

2人に1人ががんになるにもかかわらず、精神腫瘍科の存在が知られていないのには、

さまざまな理由があるだろう

 

その理由は、さておく。

 

これから、さまざまな手段で、精神腫瘍科の存在を知らしめてゆく

精神腫瘍科の情報を伝播させてゆく

 

そのさまざまな手段のひとつが、

「人生でほんとうに大切なこと」という書籍であったり、私自身である

そして、まだまだ手段は増えることだろう

 

精神腫瘍科の存在は、知られる必要があるのだから

 

あなたの話をきかせてください

第二回出版記念講演会 お申し込みフォーム